Q&Aをまとめてご紹介

一覧はこちら

労災病院グループとは?

労災病院グループは、厚生労働省所管の法人で、全国に34か所あります。病院間のネットワークを活かした交流が活発です。各労災病院では、地域の中核病院としての重要な役割としての一般医療はもちろんのこと、世の中の働く人の職業生活を医療面から支えるという使命のもと、労働者の健康確保の支援を行っています。そこで働く医師・看護師は、最新かつ高度な医療を提供するとともに、常に患者さんを中心とした温もりのある「患者サービス」の提供に努めています。

総病床数 約13,000床
地域医療支援 25病院
ICU設置病院 16病院
医療スタッフ 約15,000人(看護師約9,500人)
がん診療連携拠点病院 12病院
※平成28年12月1日現在
全国のグループ病院
全国に広がるグループ34病院

つながる、ひろがる、あなたの看護

労災病院グループでは、ネットワークを活かした2つの制度をもっています。キャリアをつんでいくうちに取り組みたい看護領域が変わっていったり、女性のライフサイクルにより生活環境の変化が起こったりした場合でも、看護専門職業人として「看護を一生の仕事」として継続できるための環境が整えられています。例えば、全国にある他の労災病院へ交流派遣や転勤を、自分の意思で希望できる制度があります。

交流派遣制度

地元の病院に就職した後、看護の幅を広げるために2~3年、違う病院で働くことができます。

転勤制度

結婚や配偶者の転勤で引っ越ししなければならない場合、退職しないでキャリアをつなげられます。

からだにやさしい、勤務体制

夜勤に入る前日はお休み、準夜勤の翌日はお休み、日勤の同日夜勤はありません。 1ヶ月8回以内の夜勤回数が遵守され、睡眠サイクルや女性リズムの乱れを少なく させるという労働者の健康に留意した勤務シフトにより、元気に働くことができます。 また全員に1ヶ月に連続48時間(2日間)の確実な休日が与えられ、初年度から年間 20日間の有給休暇も取りやすく、キチンと休んでしっかり働く、メリハリのある働き 方ができています。

勤務シフト

先輩からのメッセージ

  • 佐藤 野絵
    PROFILE
    北海道せき損センター 佐藤 野絵 入職年:2015年 所属:せき損病棟 出身校:美唄聖華高等学校

    せき損患者の多くいる病棟に配属となり、急性期から慢性期までの幅広い看護に携わることで、患者さんや家族の方々との信頼関係を築くことの難しさ、個別性の重要性を痛感しています。しかし、笑顔で退院していく患者さんの姿を見ると、私も笑顔になり、達成感を感じています。

  • 大島 悠介
    PROFILE
    千葉労災病院 大島 悠介 入職年:2012年 所属:外科病棟 出身校:新潟医療福祉大学

    私が入職しようと決めたきっかけは、当院のインターンシップで職場の雰囲気や行っている看護に触れたことでした。実習を進めていくと、自分がどんな医療者になりたいか、ぼんやりと見えてくると思います。そんなときに実際に職場を肌で感じるのは、就職活動の一助となると思います。

  • 田中 花織
    PROFILE
    中部労災病院 田中 花織 入職年:2015年 所属:消化器外科・形成外科病棟 出身校:中部労災看護専門学校

    現在配属されている病棟は、手術を行う患者さんが多く、日々患者さんの状態が変わります。患者さん一人ひとり、術前術後の経過が違うため、その人の現状に合った看護を行うことが大切です。毎日の変化を的確に捉えることはとても難しいことですが、外科病棟ならではのやりがいを感じています。

  • 西山 唯香
    PROFILE
    関西労災病院 西山 唯香 入職年:2015年 所属:整形外科・皮膚科 出身校:兵庫県立大学

    学生時代はアセスメントを紙に向かってゆっくり考える時間がありましたが、実際は患者さんを見ながらその場でアセスメントし、同時に次の動きを考えなくてはいけない事が多いです。学生時代のぼんやりした知識は使える知識へと変えておくことが大切だと思います。

  • 西山 知江
    PROFILE
    山口労災病院 西山 知江 入職年:2015年 所属:外科・消化器内科病棟 出身校:山口県立萩看護学校

    住み慣れた地元で地域医療に携わっていきたいという思いがあり、当院に入職しました。インターンシップで職場の雰囲気や環境などを実際に見ることで、この病院に就職したい気持ちが強くなりました。実際に自分の目でみて病院の雰囲気を感じることも、職場選びにはとても大切なことだと思います。

  • 田嶋 恵
    PROFILE
    熊本労災病院 田嶋 恵 入職年:2014年 所属:外科・泌尿器科・皮膚科 出身校:千葉労災看護専門学校

    実地指導者やプリセプターといった技術面だけではなく、精神面のサポート体制や新人カリキュラムが充実していると感じました。また、労災病院は、より専門的な医療や看護を学ぶため、全国の労災病院に派遣や研修等に行くことができ、スキルアップできると考え、入職を決めました。

全国に広がるグループ34病院

ページの先頭に戻る